読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いろいろなラクガキ

雑記です。気が向いたときに参加したイベント等のまとめ書いてます。

『魔女っこ姉妹のヨヨとネネ』Blu-ray & DVD発売記念スペシャルミーティング

6月28日

ヨヨネネのスペシャルミーティング(3回目)に参加してきました。


上映してたころは仕事に忙殺されて、
行こう行こう思いつつ、優先度がどうしても下がってしまって結局未見だったんですよね。


と言い訳は置いておいて、最初に全体的な感想ですが、
未見でしたが、製作側の話しを聴けたり、ファンの方々の好きっぷりを間近に見れて
とても楽しいイベントでした。


場所は中野のufotable cafeの隣、上野ビル4F。
ufotableスタッフが実際に打ち合わせやらなんやらする場所で
普段使ってる机のまわりだったりソファーだったりにそれぞれ適当に座りながら。


予定では、平尾隆之監督とキャラデザ総作監柴田由香さんのお二人でしたが、
仕事早めに終わった高橋タクロヲ副監督に、たまたま来たらしいネネ役の加隈亜衣さんと音響の納谷僚介さんも!
総勢5人の豪華メンバー!!!!!
素直に、あれ?自分ここにいていいんですかね…って思いました。


3回目のミーティングの参加者はたしか8人。
(1回目は10人、2回目は3人?と言ってました)


ここまで書いて、記憶がだいぶ抜けてて…


おおまかな流れとしては、

                                • -

4Fのミーティングルームに綺麗なお姉さんに案内してもう

BDを購入

実際に飾られている動画を見て、好きなものを1枚選択

開始まで、絵コンテ、台本、設定資料など好きに見てOK

乾杯で開始

監督の挨拶的なの

ヨヨネネどの程度見たかどうか

ufotableはいつから、知ったきっかけ

雑談、質問とか

好きなシーンについて

あっという間に2時間で最後に軽く質問タイム

豪華メンバーから好きなものにサイン

                                • -


こんな感じだったかと思います。
主な話題を書いたので、中身は紆余曲折。
ネットに書けないようなこぼれ話もちょいちょい。
マチアソビや舞台挨拶の常連から10回以上見た猛者もちらほら。


もちろん来たからにはネタバレは全然OKでしたし、それでも楽しめる作品でしょうという認識だったので、
製作側のここはこういう経緯でとか、こういう意図でとかそういう話しをがっつり聴けて、
とてもお腹いっぱいでしたー。
ただ話しを聴きながら、未見故に具体的なストーリーの演出などに共感することができなくて、
なぜ見てないんだーと自問自答していました笑
あと、ゴッドイーターのOPアニメについてちょろっと話しできたのも嬉しかったですね。


あとは印象的な話しとか忘れないようにちょっとメモ書きを。
ufotableが関わった作品について。
・未見という自分になぜか喜ぶタクロヲさん。
・実際の子ども声は紙一重。より純粋さを出すために音声ソフトの子どもの声。
・監督の特典の未公開線画ムービーを見るのがつらい話。
・編集でのカットとかの話。(大事なシーン≠本筋に必要な話)
・携帯電話の裏話。
・6分の長時間音源を作るためにPCを8台近くふっとばした?
・やきそばの賞味期限。
・監督の特徴でもあるカメラを回すを使わない作品。
・台本作り直した話。
・マチアソビで出た虹。
・1回目と2回目の風鈴の話。
・原作からの繋がりを意識したネネのセリフ。
・OPのしかけ絵本の合理性。(もちろんアニメーションとしての嘘も混ぜてると)
・ヨヨの子ども目線の話。
・モノラル→(ステレオ?)→5.1ch
・加隈さんがとてもお綺麗でした(感想)


まとまりなくぐだぐだ書いてしまいましたが、こんな感じで!


あ、もちろん帰ってから見たのですが、これはまた見たい、というのが素直な感想。
一緒に見てくれた友人にも「納得」といった反応をもらえました^^


音響へのこだわりついてで是非劇場でって話しだったので、
ドリパスの7月18日の上映は、(ちょっと時間的に厳しいですが)見に行きたいです!